マルエドラッグの想い

トップ > マルエドラッグの想い

 群馬県を中心に、独自のウェルネス・ビジネスを展開しているのが私たちマルエドラッグです。中核となるドラッグストア事業では、「価格のサービス」から「価値のサービス」を追求、「安心と安全」「美と健康」「夢と希望」を提供するソリューションストアを目指しており、キレイと元気そして快適生活をお届けしています。

 現在、群馬、栃木、埼玉の3県下にまたがる55店のリージョナルネットワークを構え、物品販売業から接客サービス業へ『お客様に一番近いドラッグストア』として真摯に取り組みながら、マルエだからできること・マルエにしかできないことを、お客様目線で考え続けています。

 また、「かかりつけ薬局」=コミュニティ・ファーマシーとしての役割を担う調剤薬局事業にも積極的に取り組んでおり、ドラッグストアの併設店を含めると9店舗を擁するにいたりました。

 さらには、心の健康や身体の健康、そして健康的な生活環境づくりを積極的にお手伝いするウェルネスアプローチの観点からアメリカ式幼児託児施設事業や介護リフォームなどに進出したほか、未来のビジョンとしてウェルネスモールやウェルネスパーク構想を掲げています。

 これからもマルエドラッグは、未病、予防、健康、健康美そして元気のため、本物の感動を感謝の気持ちを込めて本気で提供し続け、なくてはならない、かけがえのないお店をめざします。そして、常に思いやり(恕のこころ)と社会奉仕の精神を忘れることなく、よりいっそう豊かな健康生活、地域社会に貢献できる企業であり続けたいと考えています。

ライトカウンセリングを実践し、
これからも地域密着(カユイ所に手が届く・・・)
なくてはならない・かけがえのない
お店をめざして!